どうしたら「音楽」をじゃませずに済むだろう。

僕は小さい頃、音楽教室でピアノを習っていました。

「プライマリー」「アドバンス」といった教本が与えられ、
家で練習をしてから先生の前で、
時には発表会で弾くというスタイルの教室でした。

どうして習いはじめたのかは覚えていません。
でもたぶん母が通わせたのだと思います。

その教室にあまりいい思い出はありません。
自分からやりたいと思ったことではなかったし、
練習をしてこないと怒られるし、
ミスタッチをするといちいち音楽を止められるし。

僕は音楽が好きですから、
いまでもよく「ピアノが弾きたいなあ」と思います。

でも、その音楽教室のイメージが邪魔をして
なかなか習いに行く気にはなりません。

㐧二音楽室を通して、
歌を唄う人のサポートをすると決めたときに、
一番気にしたのは、
あの「いやな気持ち」や「ピアノから遠ざかる経験」を
来る人に与えずに関わることはできるだろうか、ということです。

言い換えると
「どうしたら『音楽』するのをじゃませずに済むだろう」
ということ。

誰の中にもその人固有の音楽がある、と僕は考えます。
僕の役割は、それを思い出してもらうことです。

ですから、僕が音楽をじゃました場合には、
噛み付くような人たちに来てほしいなと思っています。


(よかったらクリックしていってください)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする