「うまい」歌い方と ”こもっている” 歌い方。

先日、NHKの『ミュージックポートレイト』で
小室哲哉さんが「いまの自分を表す曲」として
H Jungle with tの『WOW WAR TONIGHT』を挙げていた。

聴いてみると、すごくいい。

当時は『HEY! HEY! HEY!』が流行っていて、
ダウンタウンとTKが組んだということで、
ものすごい売れ方をしていた。

PVを観ていると当時の高揚が伝わってくる。
でもブームが去ってもいい曲なんだなあと思った。

ボーカルはダウンタウンの浜ちゃん。
プロの歌い手じゃないし、
決して「うまい」とは言えない歌だ。

それでも何かが ”こもっている”と感じた。
もしかすると、
いまの歌手の人たちにもないなにかが。

ダウンタウンも元々漫才という
話芸から出てきているし、
今でも声を出す仕事をしている。

しかも浜ちゃんの場合、
畑違いだから「どうにでもなれ」
という感じでやったのかもしれない。

そういう時の方がかえって ”こもる” と
ギターの先生は言っていた。

だからやっぱり
歌は技術の良し悪しだけではないのだ。

むしろやけくそでテキトーにやった方が
うんと胸を打ったりするのだから面白い。


(よかったらクリックしていってください)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする