『魂うた』というワークショップのこと④〜僕が歌う順番がやってきた。

そして、僕が歌う順番がやってきた。

やってきた、というか、
「ここだ」というタイミングで
自分で手を挙げたのだ。

ホールの中央まで進み、
みんなの方を向く。

怖くてみんなの顔は見られない。

心臓の音が
外まで聞こえるんじゃないかと思うくらいに
どくん!どくん!といっている。

誰も何もしゃべらないので、とても静かだ。
そして、ある時点で覚悟を決めて
声を口から離す。

声はふらふらっと
空中に舞い上がったかと思うと、
息の助けを得て、
やがて歌のかたちになって流れはじめる。

歌ったのは玉置浩二さんの『恋の予感』だ。

♪ なぜ なぜ あなたはきれいになりたいの?

しばらく歌っていると、綜海さんが近づいてきた。

そして、なにかした。

(つづく)

***

(よかったらクリックして応援してもらえるとうれしいです)
http://blog.with2.net/link.php?1800152


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする