呼吸のしかたで歌い方が変わる。

昨日に引き続き『歌の稽古場』での話です。

このレッスン(稽古)では
来てくださった方に合わせて
一回ごとに内容を変えているのですが、
昨日はボイストレーニングを行いました。

ボイストレーニングでは
僕はまずエクササイズを用いて
呼吸のしかたを確認します。

なぜなら歌を

呼吸 → 発声 → 歌唱

と捉えていて、土台となる
呼吸のときの体(筋肉)の動かし方によって
声の出し方 → 歌の唄い方が変わるからです。

呼吸はよく
「胸式呼吸」「腹式呼吸」というふうに
二種類に分けられることが多いですが、

僕はざっくりと
「体の上のほうを使った呼吸」と
「体の下のほうを使った呼吸」
というふうに捉えています。

で、大抵の人は
「体の上のほうを使った呼吸」だけをしています。

(よかったら試しにいま普通に呼吸をして
体のどこが膨らむ(気がする)か意識をしてみてください)

なので、エクササイズなどを使って
「体の下のほう」を意識し動かすようにすることで、
呼吸 → 発声 → 歌唱に「体の下のほう」も
参加してもらえるようにお手伝いします。

たとえば、腰の後ろ、ベルトの上あたりに
手を当てて普通に息を吸ってみてください。

当てた手が押し出されて動く人もいれば、
動かない人もいらっしゃると思います。

でも、ここ、意識すれば
風船のように膨らむようになります。

試しにいま、その場所を膨らませようと思って
息を吸ってみたら動きが変わるかもしれません。

それを無意識でも膨らむようにする。
そして声を出す事や歌を唄うことに活用する。

そんなことをしています。

ちなみにこの呼吸に限らず、
僕のボイストレーニングでは

上から下へ、上から下へ

と意識のしかたや筋肉を動かす場所を
下ろしてもらうことが多いです。

これってもしかすると
武道なんかで言う「上虚下実」に近いのかもしれません。

上(頭、肩、手)に力みがなく、
下(腰、足)がしっかりしている。

そのときに身体のパフォーマンスが
高くなるということらしいのですが、
僕が歌やギターを学ぶ中でも
確かにこのことは言えるような気がしています。

(よかったらクリックして応援してもらえるとうれしいです)
http://blog.with2.net/link.php?1800152


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする