月別アーカイブ: 2016年1月

『魂うた』というワークショップのこと④〜僕が歌う順番がやってきた。

そして、僕が歌う順番がやってきた。 やってきた、というか、 「ここだ」というタイミングで 自分で手を挙げたのだ。 ホールの中央まで進み、 みんなの方を向く。 怖くてみんなの顔は見られない。 心臓の音が 外まで聞こえるんじ … 続きを読む

カテゴリー: 『魂と繋がる歌の唄い方®』 | コメントする

『魂うた』というワークショップのこと③〜「なんで男がいるのよ」

「なんで男がいるのよ」 と参加者の一人は思ったという。 後で友達になってから、そう聞いた。 女の中に男が一人。 それが僕の『魂うた』初体験だった。 とても大事な場面なのに、 いま思い出そうとしてみると、 途切れ途切れにし … 続きを読む

カテゴリー: 『魂と繋がる歌の唄い方®』 | コメントする

『魂うた』というワークショップのこと②〜運命の出会いはおぼろげに。

『魂うた』には一日(七時間)で終わる 「1day」と宿泊型の「リトリート」がある。 僕は最初に「リトリート」に参加した。 会場は長野県にある 女神山という山のふもとの宿泊施設。 大阪から電車を乗り継ぎ、 4, 5時間かけ … 続きを読む

カテゴリー: 『魂と繋がる歌の唄い方®』 | コメントする

『魂うた』というワークショップのこと① 〜 すごいことが起こりそうな気がした。

僕が『魂うた』にはじめて参加したのは 2013年4月のことだ。 当時、僕は大阪に住んでいて、 勤めていたNPOが半年しか続かず、 「自分には働くことは向いていないんだ」と思い、 ひたすら興味のあるワークショップに行きまく … 続きを読む

カテゴリー: 『魂と繋がる歌の唄い方®』 | コメントする

㐧二音楽室最大のジレンマ。

今朝ジョギングをしていたら、 中学校の塀の上に小鳥がとまっていた。 ピーピーと気持ちよさそうに鳴いている。 すると木の上にいた他の鳥が それに応ずるようにしてさえずる。 「これでいいじゃないか」と思った。 歌うのは気持ち … 続きを読む

カテゴリー: 㐧二音楽室のこと。 | コメントする

「ささえ」「あたり」「ひびき」の現時点の理解

僕はずいぶん長いこと、 カラオケに行くのが好きなだけの歌い手だった。 それがボイストレーニングを受けるようになって 「ささえ」「あたり」「ひびき」 という言葉を頻繁に聞くようになった。 母のレッスンや生徒さん同士の会話に … 続きを読む

カテゴリー: 歌に関するキーワード | コメントする

「できない」のではなく「可能性」なのかもしれない。

先日の『歌の稽古場』での1シーン。 ボイストレーニング中、 僕が来ていただいた方の 腰の後ろに手を当てて、 歌うときにどれだけ筋肉が 動いているかを確認していたときのこと。 高い音になったか、 姿勢が変わったかして、 手 … 続きを読む

カテゴリー: 音楽上達のヒント | コメントする

稽古とは「あーでもないこーでもない」である。

『歌の稽古場』の「稽古」という言葉は 武術の道場のイメージで付けました。 ……やったことはないのですが(笑)。 でも『バガボンド』などの漫画で仕入れた イメージ先行で語ってみると、 武術の稽古では型を使ったりしながら 何 … 続きを読む

カテゴリー: 『歌の稽古場』 | コメントする

呼吸のしかたで歌い方が変わる。

昨日に引き続き『歌の稽古場』での話です。 このレッスン(稽古)では 来てくださった方に合わせて 一回ごとに内容を変えているのですが、 昨日はボイストレーニングを行いました。 ボイストレーニングでは 僕はまずエクササイズを … 続きを読む

カテゴリー: 音楽上達のヒント, 『歌の稽古場』 | コメントする

あいだに「アンバランス」が入ります。

今日は新年一発目の『歌の稽古場』でした。 ボイストレーニング用のエクササイズを用いて 今の歌い方、筋肉の使い方を確認し、それからどんどん歌っていただきました。 そこでもお話させてもらったのですが「新しい歌い方」を習得する … 続きを読む

カテゴリー: 音楽上達のヒント, 『歌の稽古場』 | コメントする