どうして、おなかがへるのかな。

今日は『歌の稽古場』でした。

来ていただいた方のお話をうかがってから、
歌をうたってもらい、それを聞きながら、
ニュアンスを変えたりテンポを変えたり、
時には歌詞を朗読してもらったりしながら、
その歌と人に近づいていきます。

人の歌にかかわろうとするときの、
自分のあたまの働かせ方が、
僕は、わりと好きです。

なにかを推理しているようでもあるし、
感じ取っているようでもあるのですが、
とにかく、すごく聴いています。

背中をかいてもらうときに、
ちょうどかゆいところに触れてもらうときに
使っているセンサーと、似ているかもしれません。

ぜんぜん違うかもしれないけど。

とにかく、どぼんと
その人と歌の世界に入って、
やれることやって、言えること言って、
そうして90分後、ある地点までたどり着く。

最後には、そこまで連れて行ってくれた
参加者さんに
「すごい時間をありがとう」
という気持ちになりました。

事前に用意していたものは何もなく、
問答だけで、次々に参加者さんのほうで
ひらめいていって、
「行きたい場所まで行けた!」
と言っていましたから、
僕としては、すごいもんだなーという感じで。

そして、終わったあとは、
どういうわけか、
ものすごくおなかが空きます。

今日も
ファミマのおにぎりとパンを
ぺろりと食べました。

そして、いま、
もんのすごく眠くなりました。

体のどこらへんを
使っているのかわかりませんが、
とにかく、ものすごく使って
関わっているようです。

でも、これはものすごく
僕にとっては好きな疲れ方です。

ということで、
ちょっと夕飯まで寝てくることにします。

***

(よかったらクリックしていってください。)
http://blog.with2.net/link.php?1800152


㐧二音楽室 澤 祐典 について

こんにちは。澤 祐典(さわ ゆうすけ)と言います。 「㐧二音楽室」という屋号で『魂と繋がる歌の唄い方®』『歌と相談室』『歌の稽古場』といった人と歌を結びつける仕事を通して、自分にとって「本当のこと」を見つけたい人のお手伝いをしています。 書くこともとても好きなので『ことばの庭』というオンライン作文教室もしています。 このページを通して、どんな方と出会えるのかとても楽しみにしています。
カテゴリー: 『歌の稽古場』 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です