おそるべし!歌謡曲の世界。

わが家にはテレビがないので、
夕飯のときのBGMは、
もっぱら「Google Play Music」 。

このアプリには、いろんなチャンネルがあって、
ふだんは
「肩の力も自然に抜けるクールジャズ」
というのを選んでいる。

けれど、昨日はなんとなく気になって
「70s キラめく歌謡曲スターヒット」
にしてみた。

そしたら、
めっちゃくちゃ面白いじゃないですか!

『かもめはかもめ』『花嫁』『太陽がくれた季節』
『かもめが翔んだ日』『セーラー服と機関銃』『魅せられて』
『夢であえたら』『他人の関係』『学園天国』……。

どの曲もすごくいきいきとしているし、
最近の曲よりなんだかホッとした。
(それは、僕が歳をとったからかもしれないけれど)

ウィキペディアによると、歌謡曲とは

昭和時代に流行した日本のポピュラー音楽の総称

とある。平成以降は「J-POP」になるそうだ。

このチャンネルは、その歌謡曲の中でも
70年代にヒットした曲を集めていた。

僕は1977年生まれなので、
物心つくかつかないかの頃だけれど、
その頃にこんなにもキラキラした、
遊び心のある曲がいっぱいあったのだと思うと、
なんだかうらやましく思えた。

わが家は、LDKのうち
リビングにあたる部分が広くあいていて、
そこを通称「ダンスホール」と呼んでいるだけれど、
途中から、そのダンスホールで
踊りながら歌謡曲にひたった。

「ピーリーピーリーピーーーーー、U.F.O!」
とか、

「もっおっ、どうっにっもっとっまっらっなっいっ!」
とか、

奥さんに笑われつつ、
むちゃくちゃに踊ると、なんだか元気が出て、
その日は、ヘトヘトの体のまま床についた。

ちなみに、昨日聴いた中で、
個人的にナンバーワンだと思ったのは、この曲

70年代に聴いてたら、ぶったまげただろうなあ。

いま聴いても「天才だ」と思えます。大好き。

***

(よかったらクリックしていってください。)
http://blog.with2.net/link.php?1800152


㐧二音楽室 澤 祐典 について

こんにちは。澤 祐典(さわ ゆうすけ)と言います。 「㐧二音楽室」という屋号で『魂と繋がる歌の唄い方®』『歌と相談室』『歌の稽古場』といった人と歌を結びつける仕事を通して、自分にとって「本当のこと」を見つけたい人のお手伝いをしています。 書くこともとても好きなので『ことばの庭』というオンライン作文教室もしています。 このページを通して、どんな方と出会えるのかとても楽しみにしています。
カテゴリー: ちょっとした日常のこと。 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です