『歌と相談室』

4月。春である。

㐧二音楽室も新年度ということで
『魂うた』の募集など、いろいろと動き始めている。

そんな中、とても地味な変更をした。

それは『歌の相談室』を
『歌と相談室』という名前に変えたことだ。

この相談室は、
ぼくが社会福祉士の資格をもっていることから
立ち上げたもの。

普段の人間関係では言えないようなことを話す場になったり、
たまっているストレスを解消したりするのに
「唄いたい歌をうたう」ことが使えるのではないか。

そんなことを想って運営している。

『歌の稽古場』という
歌をうまくするための場ももっているので
この相談室も最初は
「ビブラートがかからない」
「高い声が出しづらい」といった
歌の相談がメインになると思っていた。

でも自分自身がやりたいことはそうではなく、
もっと社会福祉士的な生活課題、
あるいは人生相談のようなものだとわかった。

たとえば、身近な人の前でも専門家にも
うまく話せないようなことが
あまり関係が深くない人に
ぽっと話せたりすることがある。

それを「第三の関係」なんて
かっこよく名前を付けてしまったら
なにか違うものになってしまうかもしれないけれど、
狙っているのはそういう
「あんまりその事を解決しようとしない人」
の役割だ。

ただ、ふうんと聞いている。
じゃ、唄ってみましょうかと促す。

そのことが来てくれた人に及ぼす影響は
あるんじゃないか。

ということで
『歌の相談室』ではなく『歌と相談室』にした。

とても地味〜な変更だけれど、
じつはかなり気に入っている。

お申し込みは、こちらから。

新しい年度にもたくさんの人の
話と歌が聴けることを楽しみにしている。

***

(クリックしてもらえたら嬉しいです)
http://blog.with2.net/link.php?1800152


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする