8月、大阪で「歌のひみつ」を目撃する。

僕としんちゃん

こんにちは。㐧二音楽室の澤です。

今日は、夏至。
一年でいちばん昼間がながい日だそうです。

名古屋は、あいにくの曇り空ですが、
みなさんのお住まいの地域は、いかがでしょうか。

さて、そんな昼間のながいうちに、
8月6日(土曜日)に大阪で行う、
新しいワークショップをご案内します。

タイトルは、
『高落 伸(たかむら しん)さんと歌のひみつを目撃する』

しんちゃんプロフィール

高落さんは、奈良にお住まいの
凄腕のカウンセラーさんです。

ふだんは「コンステレーション」という
家族や人間関係を扱う手法などを用いて、
カウンセリングの仕事をされています。

そこで高められた「聴く」技術を、
「歌」というテーマで使ったらどうなるか。

相談していたところ、
面白いことができそうなので
このワークショップを開催する運びとなりました。

このワークショップで、
参加者の方々と目撃したい「歌のひみつ」は、
二つあります。

(1)「歌う」という行為の中で、私はなにをしているのか。

歌うことは
「人前に立つ」
「呼吸する」
「声を出す」
という動作で成り立っています。

その一つひとつの段階で、
自分の体や心になにが起きているのか。

伸さんのガイドで、ていねいに見ていきます。

(2)「歌う」ことで、人やなにかとの関係がどう変化していくのか。

私と特定のだれか、あるいは
「お金」や「夢」など、気になっている事柄との関係が
「歌う」ことでどんなふうに変化していくのか。

先の「コンステレーション」という手法を用いて、
確認していきます。

これらの体験を通じて
「歌」や「歌うこと」が、
いままでとは全くちがって見えてくる
(はずの)このワークショップ。

定員が7名と少なめですが、
ピンと来た方、ぜひいっしょに目撃してください。

詳細とお申し込みは、こちらからです


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする