㐧二音楽室のこと。」カテゴリーアーカイブ

鬼に笑われ、東へ西へ。

こんにちは。 㐧二音楽室の澤です。 読んでくださって ありがとうございます。 2月に開催する 『魂と繋がる歌の唄い方®』 の ご案内をはじめました。 来月は、大阪と、 2/18(土)『魂うた®1day』(大阪) http … 続きを読む

カテゴリー: 『魂と繋がる歌の唄い方®』, 㐧二音楽室のこと。, 『㐧二音楽室の歌う場所』 | タグ: , , , | コメントする

本当に、よかったんです。(としか言えないこと)

こんばんは。 㐧二音楽室の澤です。 読んでくださって、 ありがとうございます。 今年もあと5日で、終わり。 つい 「SMAPがね……」 と言いたくなるような、 しんみりした気持ちで、 この文章を書いています。 今月は 『 … 続きを読む

カテゴリー: 『魂と繋がる歌の唄い方®』, 㐧二音楽室のこと。, 『歌の稽古場』 | コメントする

いきていきるほうにいく。

前回の「本がよろこぶ仕事」という記事を フェイスブックでも紹介しようと書いていたら、 こんな文章になりました。 酵母がはたらいて発酵するように、人の声がたくさん集まって、本がうれしくって、くすくす笑う。 人も本もたくさん … 続きを読む

カテゴリー: 㐧二音楽室のこと。 | コメントする

縦の糸、横の糸、蜘蛛の糸。

僕の身のまわりでは、 ときどき、別々の場所で 同じテーマを語っているものに 触れることがあります。 昨日は「編み物」でした。 最初は、愛読している 「ほぼ日刊イトイ新聞」のコラムの中で。 そこには、 機械でセーターが大量 … 続きを読む

カテゴリー: 㐧二音楽室のこと。 | コメントする

僕は、なにをしているのか。なにを、されているのか。

友人のライター、杉本恭子さんが、 5月に『人のためになる。』でお世話になった 橋本久仁彦さんのインタビュー記事を 公開してくれた。 「わたしたちの身体を通って出て来ようとする言葉たち」 橋本さんの仕事を これほど分かりや … 続きを読む

カテゴリー: 㐧二音楽室のこと。, わたしたちの身体を通って出て来ようとする言葉たち | コメントする

触れたくて、触れられずにいる時間に。

昨日、友人の家に行き、 冗談交じりに語っていたことが 帰ってきて、ものすごく大事な話だったと気づいた。 先日の『歌の稽古場』でもそうだったけれど、 大事なことというのは、さりげない顔をして 目の前を通り過ぎていくのかもし … 続きを読む

カテゴリー: ちょっとした日常のこと。, 㐧二音楽室のこと。 | コメントする

キラークエスチョン

昨日は『歌の稽古場』の日でした。 このクラスでは、 参加者さんのお話にそって何をするかを決めていきます。 この日参加してくれた 泉 美加さんは、 心に決めた曲を持ってきてくださったので、 その曲にどうしたらいいか教えても … 続きを読む

カテゴリー: 㐧二音楽室のこと。, 歌のひみつ。, 『歌の稽古場』 | タグ: , , , | コメントする

応援せずにはいられない。

以前からそう思っていたけれど、 最近、僕のワークショップには 「僕みたいな人が来るなあ」と感じる。 話を聞いていても 僕や身近な人にも 起こっている出来事だったりして、 興味津々になることが多い。 友人、知人を介するので … 続きを読む

カテゴリー: 『魂と繋がる歌の唄い方®』, 㐧二音楽室のこと。 | コメントする

歌は広い。

歌は、社会より広い。 その中で、どんな気持ちも扱うことができる。 メロディに乗せて、はらわたを込めて。 毎日暮らしている環境では 表現できないようなことを、 僕たちはたぶん持っていて、 それを吐き出せる場所を 求めている … 続きを読む

カテゴリー: 㐧二音楽室のこと。, 歌に関するキーワード | コメントする

いっしょに考えながらうまくなりたい。

なにがきっかけだったかは分からない。 けれども今日、はっきりと分かった事があった。 それは「いっしょにうまくなりたい」ということだ。 㐧二音楽室をはじめるにあたって、 僕には躊躇があった。 歌うことや書くことを 「うまく … 続きを読む

カテゴリー: 㐧二音楽室のこと。 | コメントする